2010年10月11日

37 第17回長良川WWFスラローム/三日目(長良川3)

水位:0.90m(稲成) 気温:23℃(八幡) 天気:晴れ 区間:三段の瀬
メンバー:tomoさん、後輩一号&川太郎&川次郎 応援:会長夫妻


 長良川WWFもいよいよ最終日を迎えました。
 種目はスラローム。ダウンリバーと日程が入れ替わり、さらに航下は1回のみという点で例年と大きく異なっています。
 大会初日はえらく増水したため、大会運営スタッフが設置済みのゲートをいったん撤去し、ダウンリバー競技終了後の夕方から改めて設置し直されてました。本当に大変な作業だったと思います。それなのに1本きりで終わってしまうのは、何だかとてももったいない気もしますが、閉会式やら後片付けやらのスケジュールを考えると削減せざるを得ないんでしょう。

 稲成観測所水位は0.9m.ようやく1mを切りましたが、スラローム競技を催行する水量としてはまだかなり多い。水量の少ない時は1秒を争う接戦となるケースが多いんですが、今日のような流速の強いコンディションではゲート不通過(ペナルティは50秒!)をやらかしてしまう可能性が高くなるんで、かなり荒れそうです。しかも、勝負は一回きりときてます。

 ゲート数は、件の再設置作業などが影響し、10門となりました。例年と比べて2門削減されています。
 一ノ瀬には1番、2番が設置されています。1番の右岸側に設置されたアップゲートがキーでしょう。最短はもちろん本流(左側)から回るルートですが、ゲート下流がかなり狭くてエディーに入れるか微妙な位置にあります。流されるリスクを負ってでも左から入るか、ロスしても確実性を重視して右岸のエディーを迂回して入るか、判断に迷うところです。

 二ノ瀬は3番から6番の4門。4番、5番はメインカレント上のダウンゲートで特筆すべき点はありません。6番はアップですが、インフレ部門は免除なので無視できます。

 三ノ瀬には7番から10番が設置。7番、9番、10番はメインカレント上のダウンゲート。8番はアップゲートで、右岸のエディーに9番と同じロープに設置されています。7番を通過した後、8番下流のエディーに間に合わせられるかどうかがキーとなりそう。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 23:01| Comment(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

36 第17回長良川WWFダウンリバー/二日目(長良川2)

水位:1.08m(稲成) 気温:24℃(八幡) 天気:晴れ 区間:新三日市橋〜子宝温泉下
メンバー:tomoさん、後輩一号&川太郎&川次郎(応援)


 寝入って間もなくして、コテージの屋根を叩く音は鳴り止んだようでした。稲成観測所の水位は23時の1.41mをピークに下降を始め、朝9時の時点で1.15mまで低下。明け方から1時間に約2cmの割合で緩やかに下がっています。

101010nagara01.jpg

 長良川WWF二日目は本来スラロームですが、やはり増水を理由にダウンリバーへと種目変更されました。競技開始時刻は14時からとなり、午前中はゆっくり下見に費しました。天気はすっかり回復し、昨日の暗く寒い雨雲とは真逆に、澄み切った秋空が広がっています。



 出艇は、RJ1→RJ2→インフレ(ダッキー)という順番で、各カテゴリの下位から3艇同時に1分間隔(カテゴリ間は5分)で出艇するというルールでした。ダッキーの参加チーム数は確か17でしたから、我々はトリで、UNKONYと2チームで出艇するということになります。
 昨日スプリントを制したUNKONYに、このダウンリバーでも1位を取られると、我々が総合で逆転優勝する望みはほとんど絶たれてしまうといっていいでしょう。絶対に、阻止しなければなりません。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:01| Comment(4) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

35 第17回長良川WWFスプリント/一日目(長良川1)

水位:0.62m→0.98m(稲成) 気温:18℃(八幡) 天気:雨 区間:<予選>ホーセン〜法伝橋 <決勝>三段の瀬 メンバー:tomoさん、後輩1号&川太郎&川次郎(応援)

 10月の三連休は長良川ホワイトウォーターフェスティバル(長良川WWF)に出場してきました。いろいろありまして当初参加には消極的だったんですが、tomoさんからお誘いがあって何だかんだで結局出場することになりまして。tomoさんとは知り合って5年ほど経ちますが、コンビを組んで大会に出場するのはなにげに初めてだったりします。

 前日18時半頃に美濃入り。美濃橋あたりでキャンプしようかと考えていましたが、パラパラ雨が降り出しました。このコンディションで幼児2人を連れてテント泊は辛かろうと、「陽がほら」へ急遽連絡。パドラー間でちょこちょこ話題に上っている古民家宿&カフェです。突然の連絡にもかかわらず快く応対いただき、おかげで一晩快適に過ごすことができました。朝食のごはんはカマドで炊きあげたとかでプリプリ。めちゃうまい。思わずおかわりしてしまいました。

101010nagara03.jpg

 快適な宿とは裏腹に外は雨。寒いです。テンション上がりません。相方のtomoさんは例によって風邪で体調を崩しており、テンションは私など比較にならないほどローです。「大会、中止になりませんかねえ」とかつぶやいてます。

101010nagara05.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 04:51| Comment(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする