2010年08月12日

27-2 癒し、のち爆裂(吉野川2)【四国の川第4弾】

水位:1.68m→1.63m(豊永) 参考水量:58.5t(早明浦ダム放流量),269.52t→255.59t(池田ダム流入量) 気温:30℃(本山) 天気:曇り時々晴れ 区間:穴内川出合〜豊永〜岩原(6.1km+4.1km)
メンバー:KYOKOさん、にこちゃん、M代君、I内さん、AZMAX,UNKO-MAN,みさちゃん友人夫妻、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)、ゆかりん(回送)、みさちゃん(回送)

 吉野川は滔々と流れています。13年前(そういや当時はまだ徳島道も開通してなかった)に初めて訪れて以来、何十と下っていますが、実はまだ、大歩危小歩危以外の区間を下ったことがありませんでした。

100812yoshino47.jpg

 吉野川といえば、大歩危小歩危の激流しかイメージできませんが、ここのような穏やかな一面もあります。というか、俯瞰してみれば、むしろこの穏やかな大河のイメージこそがメインの顔であり、むしろ大歩危小歩危のほうが特殊であることに気付かされます。

100812yoshino51.jpg

 穏やかといっても、増水してますので、時々現れる瀬はフネが水浸しになるくらいのパワーがあります。ラフトもたくさん出ていました。この区間でもツアーやってるんですね。ちなみに大田口付近には小さな発電所がありました。これも今まで知りませんでした。

 リラックスムードで豊永大橋へ。まもなくゴールです。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 07:36| Comment(0) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

26 禁句(吉野川1)【四国の川第3弾】

水位:0.80m→0.94m(豊永) 参考水量:58.60t(早明浦ダム放流量),70.55t→67.07t(池田ダム流入量) 気温:26℃(本山) 天気:曇り時々雨 区間:豊永〜まんなか(12.7km)
メンバー:AZMAX,ゆかりん(岩原まで)、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 間違っても「僕、チンダツする人の気が知れませんわ」なんて言葉を発してはいけません。

 日本には古来より言霊信仰というのがあります。口から発した言葉は、現実のシステムに何らかの影響を及ぼすというやつです。病気と言ったら本当に病気になるとか、結婚式で忌み詞を喋ってはいけないというあれです。
 川の場合、川に対してナメた口をきいた奴は必ず報いを受けます。たぶん、川には神様がおはしまして、相応の罰を下されるからではないかと思います。

 「3シーズン、まったく脱してませんからね。もう、やり方忘れてしまいましたわ(笑)」

「うわ、そんなんよう言わんわ。花鳥が聞いたら激怒すんで〜。彼、カヤック歴10年以上やのに、この前も鬼怒川で泳いでたし。あ、その後JFKAの大会中に御嶽でもやらかしたらしいで」

「ええっ、そうなんすか? ちょっと考えられないすねー。ロールのセットした時、フネの底にあるほうの手が水面から出るまで待ってればいいんですよ。流水でも、10秒も待ってれば出るでしょ? 人間って、一分間息しなくても大丈夫なんすよ」

 おお、すごい自信や…。実際に脱してへんから一応スジは通ってるけど。まあ、面白いからそのままにしときましょう。禁忌を犯した輩の末路は決まっていますので(笑)。

 「そういや、ゆかりんの分のウェア持ってんの?」

 「持ってますよ。にじますカップのじゃんけん大会でもらったやつですわ」

 「てかさあ自分、さっきから気になってんやけど、なんなん、その昭和の香りがプンプンするスプレースカートは? 今どき蛍光のグリーンはさすがにないやろ?」

「これも大会で当てたんすよ。スピリットカップでしたかね」

 恐るべき強運野郎です。こいつ、ひょっとしてこの運の良さで乗り切ってしまうかも…。

 ゆかりんは川下りは久しぶりらしいです。吉野川も初めて。

 「昨日の海部川みたいにリンクスで一緒に下るのん?」

 「いやー、ラナ父さんに任せるのが一番安全ですわ。だから僕、カヤックで下ります」

 なんか以前にも聞いたような言葉やなあ。会長も同じ場面で同じこと言ってたような…。あの時は三段の瀬でヒロ姉落としちゃいましたけどね。

100811ohboke05.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 09:04| Comment(6) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする