2010年06月14日

★18 大町温泉郷を流れる川(鹿島川1◆95)

水位:-0.31m(高瀬上橋) 流量:高瀬ダム放流量:30.8t(参考) 気温:xx℃(xx)
天気:曇り 区間:越荒沢堰〜大町温泉郷 メンバー:ソロ

★作成中

 明科で解散後、我々は大町へ。大町温泉郷にある「仁科の宿 松延」で義父母と合流し、一泊しました。いやー、贅沢な時間でした。露天風呂に浸かりながら「大雪渓」を味わったのが忘れられません。てか、この銘柄、「にじますカップ」の賞品でもらったやつと一緒ですやん。

100614kashima04.jpg

 ここでもタダで地図を入手しました。さすが北アルプスへの玄関口という土地柄か、ゲットしたのは登山行程表付きの地形図(1:50,000)。サイズもA1と大きく、詳細です。
 地図によれば、高瀬川が大町温泉郷の南に東西に走り、西から篭川、鹿島川という支川が南北に流れ、高瀬川左岸に注いでいます。このあたりの高瀬川は3年前に一度下りました。プットイン地点は篭川との出合付近で、篭川も100mほど下っています(断片的すぎるので1/100本としてカウントしていませんが)。鹿島川は、温泉郷の目と鼻の先を流れています。昨日ざっと見た限りでは篭川に似た川相で、ゴロゴロの礫石が広がる中、細い川筋が蛇行して流れるといった感じ。流速は結構強そうです。水量は川幅次第でギリギリ下れそうに見えます。高瀬川下流をコンパクトにした感じともいえなくもありませんが、標高が高いせいか、より荒涼とした感が強いように思えます。

 本日は基本的に安曇野観光という位置付けでしたが、ここまで来たら、せっかくなんで1本下りたいな〜と陳情したら、1時間の条件付で承認されました。大町温泉郷に一泊したのも何かのご縁だろうと思い、行き先候補は温泉郷の東脇を流れる鹿島川に決定。

 鹿島川は、五竜岳(標高2,814.1m)および鹿島槍ヶ岳(標高2,889.7m)を水源とし、大町市を南流し、野口付近で高瀬川左岸に注ぐ信濃川水系の一級河川です(幹川流路延長30.4km,流域面積72.5km)。高瀬川の最大支流であり、下流域には大町温泉郷が広がっています。

100614kashima07.jpg

100614kashima09.jpg

100614kashima13.jpg

100614kashima26.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 06:55| Comment(0) | 甲信越>鹿島川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする