2010年05月30日

15 群馬遠征(片品川1◆94)

水位:0.18m→0.13m(上久屋) 流量:20.87t→20.10t(薗原ダム放流量)
気温:13℃(沼田) 天気:曇り 区間:伏田発電所取水堰堤〜君河原橋(5.6km)
メンバー:G君、ぽんさん+後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 片品川は、帝釈山脈の黒岩山(標高2,163m)を水源とし(分水嶺を挟んで東には鬼怒川、北には檜枝岐川などがある)、片品村内を南流し、薗原ダムを経て西に流向を変え、沼田市戸鹿野新町で利根川左岸に注ぐ利根川水系の一級河川です(幹線流路延長60.8km,流域面積673.1ku)。

 この片品川、おそらく雑誌や書籍の類で川地図が紹介されたことはないかと思われます。カヌーで下れる規模なのに表面に出てこない川とは、危険度が高すぎるか、水がないかのたいていどちらかで、片品川はどちらかといえば後者に属するかと思われます。

 片品川の代表的なダムに薗原(そのはら)ダムがありますが、よくよく調べてみると、水路式発電所だらけでそれはもう見事に堰堤で寸断されており、地図上で見る限り川の水はほとんど導水管にあって、本来流れているべき場所にはまるで存在していないんちゃうかと思ってしまうほどでした。
 しかし、関越自動車道の下りで沼田ICに至る手前、左手(西側)に瀬をいくつも抱えた魅力的な渓谷を目にすることがあり、以前から気になってはいました。実際、昨年にActonさん(現在カヤック休業中)が下ってはりましたので、メンバーの一員だったG君を水先案内人に、現地に行ってみることにしました。

 薗原ダムのデータでは、本日の放流量は約20トン(金曜までは30トン出てましたが)。ただし、プットイン予定地のすぐ上流にある伏田発電所堰堤で取水されてたら、この区間には水がないことになります。ただ、机上では判断がつきませんので、とりあえず現地に行ってみるしかない。理想を言えば、じっくり下見しながら上流へ上流へと足を向けたいところですが、実際は家庭の事情などでそんな時間はまずありません。水がなければ利根川本流(水上など)へ移動、あればそのまま下る、というシンプルなプランで臨みました。


より大きな地図で 片品川(伏田発電所堰堤下〜君河原橋) を表示

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 05:56| Comment(3) | 関東>片品川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする