2010年11月23日

41 やっぱり沈してナンボかと(多摩川6)

水位:-2.30m(調布橋) 気温:1x℃(青梅) 天気:曇りのち晴れ
区間:御嶽苑地(放水口)〜寒山寺(交代)〜二俣尾 メンバー:花鳥、G君、T君夫妻、Y祐君夫妻、後輩1号、川太郎&川次郎(回送)

 前日の雨で増水。朝も降ってましたが、9時頃になると明るくなってきました。最高のコンディションですね。

 バーストした箇所、タコ糸で縫い合わせてみました。
 強度に不安がありますが…。これで完治だといいんですが。

101123mitake01.jpg

 本日のゲスト。一人は嫁さんの高校時代からの友人です。ニュージーランド留学時に知り合ったらしい。もう一人はその友人の結婚式に知り合った方。ノリよくて、カヌー持ってます! 連れてってください! というお話でしたので、こうして実現の運びとなりました。

101123mitake02.jpg

 Y祐君の持ってきたのはあの名艇へリオスでした。さすが、意外な安定性を発揮して、沈せず残ってます。

101123mitake05.jpg

 でもやっぱり、沈してナンボですよね(笑)。

101123mitake08.jpg

 ゴール。その後講習会が開かれ、花鳥、G君両講師が熱心にレッスンしてました。

101123mitake08.jpg

ニックネーム ラナ父 at 22:51| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

29 めでたくショッキな週末(多摩川5)

水位:-2.43m(調布橋) 気温:3x℃(青梅) 天気:快晴
区間:御嶽苑地(放水口)〜寒山寺(交代)〜二俣尾 メンバー:花鳥、後輩1号、Y田さん、川太郎&川次郎(回送)


 探検部後輩(2コ下)のKさんがこのたびめでたく結婚されました。おめでとうございます。末永く幸せに〜。
 で、二次会に参加された花鳥と、同じく2コ下の後輩ミワdeathさんと合流してウチの近所で一緒に飲みました。花鳥さん、超アウェイでしたわ〜とボヤいていましたが、写真見せてもらった限りでは超楽しんでます。

 マリッジブルーになった花鳥はそのまま我が家で泊まられてラナの癒しを受け、今朝方一緒に御嶽に出発。
 現地で会社の先輩Y田さんと合流し、一緒に下りました。

100822mitake02.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:05| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

20-2 同窓会パドリング(多摩川4)

水位:-2.44m(調布橋) 気温:xx℃(青梅) 天気:雨
区間:御嶽苑地(放水口)〜寒山寺(交代)〜二俣尾 メンバー:くぜ、ホタ父娘、G君、後輩1号、川太郎&川次郎(回送)


 日原を終えて、御嶽へ。ダブルヘッダです。

100627mitake02.jpg

 同期のうち、くぜは学生時代、カヌーカヤック同好会の初代会長でもあり、いかにブランクが長いといってもまあ心配ないでしょう。前半は嫁のFan2に乗ります。いっぽうのホタは、学生時代の専門は山でした。カヌーも何度か経験してはいますが、過去長良川で7〜8回沈脱したこともあります。フネはサファリ。カヤックより安定性に欠けるフネにあえて乗る理由は沈が見たいから、ではなく、リンクスIIがクルマに入りきらなかったためということにしておいてください。
 このメンツで下るのって、いつぶりかなあ。入社2年目(2003年)のGWに長良川に行ったきりちゃうかな。

 これこれ。みんな若いですわ。

030504nagara04.jpg

 この頃はラナも小さかった…。まだ生後半年くらいです。

030504nagara07.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:56| Comment(4) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

16 第16回奥多摩カップ(多摩川3)

水位:-2.42m(調布橋)(参考) 気温:20℃(小河内) 天気:曇り
区間:氷川キャンプ場〜数馬峡橋(白丸ダム) メンバー:後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 受付・検艇は11:00〜12:00に氷川キャンプ場となっていましたが、受付のテントで手続きを済ませたのは12時ちょうど。それから着替えたりポンプアップしたりで、キャンプ場内の川原で検艇を実施したのは12時半回ってました。開会式など、とっくに終わってしまってます。
 レースは13時開始。初めての参加というのに大幅に遅刻してしまい、ものすごく慌しい始まりとなってしまいました。

 今日は、「奥多摩カップ」カヌー競技大会に参加してきました。
 奥多摩カップは、ここ氷川キャンプ場から、白丸湖の入口である数馬峡橋までの多摩川随一の清流、氷川渓谷を舞台とするダウンリバーレースで、距離は約2.5kmあります。16回目となる今年のエントリーはパンフレットによると72名、67艇もあるようです。


より大きな地図で 多摩川(奥多摩湖〜釜の淵公園) を表示

 この時期は群馬水上の「リバベン」、信州安曇野の「にじますカップ」とイベントが連続しているので、スケジュール的に厳しいのですが、今年はリバベンに出場しないと決めていたし、また『海部郡山川町』のやまかわさんからお誘いいただいたこともあって今年初めてエントリーさせていただくことにしました。
 例年ならスラローム艇に混じっての参加になるようでしたが、タイミングよく今年からなんとダッキー部門が新設されておりました。一人乗り(DK1)からは私も含め4チーム、二人乗り(DK2)からは4チームとまずまずのエントリー数です。
 この大会の特徴として挙げられるのは、一つは「にじますカップ」と同様、きめ細かいクラス分けがなされている点。例えば、今回のダッキー部門の他にも、主力のスラ(SK1)でも高校生以上男女、不惑壮年クラス、中学生以下の少年少女クラスと分かれており、表彰台に立てる人数を増やそうという工夫が見られます。また、フリースタイル部門では、スプリントレースのHead 2 Headのような一斉スタート制が採られており、これまた特徴的です。
 また、もう一つ特徴的と感じたのは、ラフティングレースの主体が大学探検部であるのに対し、このレースは大学カヌークラブが主体である点。SK1高校生以上男女のカテゴリは、明治大学カヌークラブ、日慶カヌークラブ(あっきーの出身?)、筑波大学カヌークラブ、早稲田大学カヌークラブと九分九厘が学生で占められていました。同じ川をフィールドとしているのにほとんど接点がないんですけど、結構人数が多いのに驚きました(しかも偏差値高そうなとこばっかやし)。

100603okutama02.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 23:23| Comment(10) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

14 ルーピー(多摩川2)

水位:-2.47m(調布橋) 気温:16℃(青梅) 天気:雨
区間:御嶽苑地(放水口)〜寒山寺(交代)〜二俣尾 メンバー:花鳥、G君、後輩1号、川太郎&川次郎(回送)


 今年2回目の御嶽です。この時期でまだ2回目って去年までなら考えられないんですが、もともとの回数が少ないというのと、今年はよく行き先をバラけさせられてるというのが要因ですかね。近畿から北関東、南東北という広域にわたって活動していて、ぱっと見、どこに住んでる人なのか分からないほどです(笑)。

 さて、30℃を越える暑い日があったかと思えば、今日は15℃前後という肌寒い一日。しかも雨です。テンション上がりませんが、半そでに短パン、サンダル姿のG君に元気付けられました。

100523mitake01.jpg

 本日私は寒山寺までの約2kmで終了。途中、御嶽橋周辺の瀬で遊ぼうとしましたが、今日の水量だと多すぎるみたいで軒並みつぶれてました。ダウンリバーというにはちょっと距離が短いし、不完全燃焼気味のまま終わってしまいました。

100523mitake03.jpg
続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:35| Comment(2) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

7 今年初御岳、でしたが…(多摩川1)

水位:-2.45m(調布橋) 気温:14℃(青梅) 天気:晴れ
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:花鳥、G君、ぽんさん、後輩1号、川太郎&川次郎(回送)


 川次郎が生まれて約2ヶ月が経過し、今日初めて家族みんなで川へ繰り出しました。行き先は近場の御嶽。なにげに、今年初めてだったりします。年が明けて4ヶ月もホームの川に行っていないという事態は今までなら考えられないのですが、まあ環境が大きく変わりましたからね。

 9時15分前に二俣尾のテニスコートに到着。が。川原はクルマで埋め尽くされて停められる場所がほとんどありません。また瀞場も竿のアーチが乱舞しており、フネで上陸できる場所もなさそうです。大会でもやってんのかなと喜久松苑に移動してみましたが、ここも駐車スペースはマックスでした。ゴール地点にクルマを置くのを諦め、スタート地点に向かいましたが、御嶽苑地の駐車場も満車状態。

 後になって聞いたところによると、今日は放流日だったようです。いやー、迂闊でした。
 アクセスしやすい橋の周辺など、5mと開かずに竿が並ぶという過密ぶり。ほとんど留まることができず、竿をかわしながらひたすら流れ続けていきました。

100418mitake01.jpg

 ミソギに到着。ここは竿が入っていなかったので、ようやく気兼ねなく遊べそうです。水が多いおかげでそこそこ回れるらしいですが、ループ祭りとまではいかないようです。

100418mitake03.jpg

 G君とは約半年ぶりに再会しました。川へはちょこちょこと行っていたみたいですが、回数は私と同じくらいらしいです。山形タン大に入った花鳥と比べるとまだまだ動きがぎこちない。

100418mitake06.jpg

 それにしても、天気は最高でした。水もキレイで気持ちいい。

100418mitake09.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 14:58| Comment(5) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする