2010年12月26日

45 ロワー、放水開始(桂川7)

水位:2.09m(大月) 気温:8℃(大月) 天気:快晴
区間:猿橋〜桂川清流センター(約x.xkm) 所要時間:約3h メンバー:花鳥、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 年の瀬を迎え、心静かにじっくりと今年一年間の振り返りをしなければと思っていたんですが、大月観測所の水位計が2mを越し、同じ勢いでテンションがグングン高まってしまうともうダメです。
 何とか年内に一度は漕ぎたい。
 昨日、トロ5さんが大勢の仲間と漕ぐ予定があるということで乗っからせてもらおうと猿橋までやっては来たものの、門限オーバーの可能性が高いため泣く泣く断念。高月橋と猿橋付近の写真だけ撮って帰りました。これで年内は無理かあと涙で枕を濡らしていたのですが、年内超多忙といっていた花鳥が急遽漕げるようになったという連絡が!

 ということで、念願叶いましてロワー区間へ行ってまいりました。

 以前、ロデオボーイに集うカヤッカーたちから聞いた話では、鳥沢ホールは浅くてあかんけど、その上流部にハッピーホールというニュースポットが発見されたらしく、皆さんそっちで遊ぶつもりらしい。具体的な場所までは聞いていなかったので、まあ最上流部から下りながら探せば分かるでしょうということで、猿橋からスタート。

101226katsura04.jpg

 ハッピーホールと思しきスポットは、いつもプットインに使っていた曙橋の下流にありました。たぶん、これで間違いないでしょうが、全然人がいません。おそらく、アンハッピーな巻きの強さが原因ではないかと思われます
 先週、今年4回目の沈脱をかまして心の傷が癒えていない花鳥は早々にパス。



 水量は推定20〜30トン。放水中といっても川幅が広く、分散しているのでアッパーと違って悲愴感すら漂う川下りとはなりません。水量とパワー、川の色と透明度は、どことなく長良川を思い出させてくれます。

101226katsura08.jpg

 鳥沢手前までやってきました。ここの瀬、けっこうでかいです。

101226katsura09.jpg



 鳥沢ホール、到着。一番乗りだったせいか後続が続々と下りてくるまでの約一時間、みっちり遊んでました。泳ぎたくない私はその間もっぱら川原で呆けてましたが、寒い…。このあたり、日当たり悪すぎです。
 あまりの寒さに途中でガマンできなくなって、エディーキャッチの練習してました。パドルを入れる位置、タイミングなど再確認してたら、長良川WWFのスラロームで惨敗した悔しさが沸々と蘇ってきて、うまい具合に寒さを忘れてしまいました。



 さて、本日の核心部です。昨年の放水時は強気な花鳥が「そのまま突っ込みましょうよ!」と下見なしで下ってしまいましたが、今回はすっかり謙虚になった花鳥とじっくり吟味しました。
 まあ、コースさえ間違えなければ大丈夫やろと下りだしたのですが…。



 コース間違えました。てか、コントロールしきれませんでした。
 左岸ベタを抜けるつもりが、ちょっと嫌な形したウェーブを右にかわした際、そのままドリフトで右岸側へ流されてホールへ一直線。かわしきれないと判断してホールにまっすぐ突っ込みましたが、バーン! と左足のストラップが弾かれて左半身がグラグラのフリーに。
 そして、体勢を整える間もなく最後の落ち込みに突っ込んでしまいました。ギリギリのところでホールが潰れたところに入れたので沈は免れましたが、かーなり危なかった…。
 後続の花鳥はうまく左岸ベタを維持して下ってきました。テンションは一気に最高潮。先週のヘコみっぷりは何処へやら「ダウンリバー、サイコー!」と叫んでます。

 核心部の直下には、「ともだち」に変わる新しいスポットがありました。ここでも花鳥、ネチネチと遊ぶ。



 当初、川合橋をテイクアウトに設定していましたが、「上陸するのがしんどそう」という花鳥の主張により清流センターの左岸から上陸しました。

101226katsura20.jpg

 年内に漕げてホントよかった。ありがとうございました。

ニックネーム ラナ父 at 22:02| Comment(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント