2010年09月19日

32 念願の100本目達成(檜枝岐川1◆100本目)

水位:0.70m(浜野) 気温:22℃(桧枝岐) 天気:晴れ時々曇り 区間:屏風岩〜鱒滝(約x.xkm)
所要時間:140分? メンバー:ソラさん、元やんさん、牧さん、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 突き抜けるような青空がいっぱいに広がる四万十川のような大河。木漏れ日を浴び、涼風を受けながら流れに身を任せたゆたう男鹿川のような清流。神経を張り詰め、技術と経験を総動員して挑む大歩危・小歩危のような激流。

 100本目の区切はこの川、という目標をとくに定めてきたわけではなかったんですが、できれば自分が好きと思える川で迎えたい。そこでどんな川が好きか自問自答してみたんですが、答えを導き出すのはなかなか難しい。
 これは譲れないと思うのはやはり清冽な流れ。そして、できれば水量豊かで、緊張感を伴う難所もあったほうがいい。今年まだ機会のない滝落ちもやってみたい。これだけ条件を満たす川なんてそうそうないかと思っていましたが、1本だけ、見つかりました。

 奥会津を流れる清流、檜枝岐川(ひのえまたがわ)です。

 檜枝岐川は、帝釈山脈の黒岩山(標高2163m)を水源とし?、北上して、右支川舘岩川を合わせて伊南川と名を変え、只見川右岸に注ぐ阿賀野川水系の一級河川です(幹川流路延長:80.2km,流域面積:1050.2ku)。

 書籍の類では、吉原宣克『カヌーイング』(講談社,1981年)でのみ川地図が掲載されています。Webでは「七輪会」で記録が残っている程度で、メジャーというには程遠い川でしたが、近年になってActon氏の“my記log”などで紹介されて以降、耳目を集めるようになり、瀬の名付けやセクションの分類など体系化も急速に進みました。最近では“playboating@jp”(7月29日発売号)にも投稿記事があります。

 奥様の理解と協力を得て、会津遠征は9月の3連休に執り行うこととなり、いよいよ現実味を帯びて参りました。計画の持ち上がった8月下旬時点では、四国美那川、穴内川を下って累計97本。あと2本不足していましたが、前日光は大芦川、南信下伊那は阿知川を二週連続で下り、滑り込みで間に合わせることができました。

 遠征にあたっては、福島カヌー教会(FCK)元やん氏が「福島で100本目を応援する会」を発足(笑)、ソラさんと共に参加希望を表明いただきました。Actonさん、NMTさんは仕事の都合で残念ながら不参加となりましたが、山形のカヌークラブ「川人」の牧さんもメンバーに加え、合計4名と1匹で臨むことに。なお、元やんさんは7月にActon氏ご一行「檜枝岐クラブ」と一度下ったことがあるということで非常に心強い。

 集合は9時に屏風岩の予定でしたが、ソラさんが早朝にキャンプ場に到着。事前に下見もしたいので、早めに発つことにしました。まずはテイクアウト予定地点の鱒滝へ。

100919hinoemata06.jpg

 入川道は草が刈り取られ分かりやすくなっていますが、傾斜が急で子供を抱きかかえて下りるには危険すぎます。仕方なく車道から見学。滝の上半分くらいが見えますが、斜めに落ちてるし、フツーに行けそうやんと思いました。後に間近で見た時、その見立てが大きく誤っていたことを思い知らされるんですが。

 見学中に元やんさんも到着されたので、3台のクルマで次の下見ポイントへ。次は川地図に「3mの堰」と記載のある場所。スノーシェッド(洞門)の間にある無名の橋から見学しました。橋の向こう(右岸)は上流に向かって林道が延びていますが、入口が封鎖されており通行できません。

100919hinoemata10.jpg

 堰堤は確かに見えますが、3mというのは絶対ウソやろと。5〜6mくらいはありそうで、下るのはまずムリでしょう。元やんさんは前回ここより上流でテイクアウトしているがため、詳細な情報がありません。ポーテージルートを確認したかったんですが、橋の上からは見えませんでした。
 また、なにげに堰堤直下の瀬がなかなか岩絡みで難しそう。見たところ両岸は崖でポーテージできなさそうなので、ここは要注意でしょう。

 次は湯乃橋へ。ここはとくに注意しておくポイントはありませんが、緊張が高まりすぎたせいか、急におなかが痛くなってきました。しかし、周辺にはトイレがありません。結局収まって事なきを得ましたが、トイレは事前に済ませておかないと危険です。

 次は錦秋橋から下見。この橋の上流から見えるのが、あの「カエル跳びの瀬」だそう。

100919hinoemata18.jpg

 結局、屏風岩に到着したのは9時ちょうどくらいでした。牧さんも到着されて、これで全員集合。あと気になるのは「稲妻ドロップ」と呼ばれる核心部ですが、元やんさんによるとポーテージは容易にできるらしい。ということで、このまま下ることにしました。

P9190044.jpg

 プットインは屏風岩の下から。この入渓点のすぐ上流には、通称「S字ねじりの滝」と呼ばれる滝(地形図にも記載)があります。ムービーでは何度か観たことがありましたが、実物はやはりすごい。一応、ラインは見えますが、出だしにいきなり落ちるには勇気のゲージが足りません。
 武庫川の溝滝(4m+3m)をぐっと凝縮したような感じ。二段目がくせ者です。こいつが難度をぐっと上げている。



 この滝だけのために一日費やすくらいのつもりで行かないと、心の準備が整わないでしょう。てか、一日費やしても、はたして下れるようにと思えるかどうかさえ微妙なレベルです。
 ここにきてまた一つ、目標ができました。次か、またその次か、近いうちに挑戦してみたいです。

 スタートは10時15分ごろ。
 檜枝岐川のダウンリバー区間は三部構成になっており、本日の屏風岩〜鱒滝セクションはミドルと呼ばれ、「黄金の1マイル」を含む最もメジャーなコースのようです。
 ちなみにS字ねじり滝を含む屏風岩までの約5kmがアッパー、高畑橋ないしは村上橋から舘岩川出合までのセクション約7kmがロワーに位置付けられているようです。

 透明度は文句なしのA級。噂に違わぬ清流です。下見した限りでは水量も充分。元やんさん曰く、前回下ったときとほぼ同じでやや多めではないかとのことです。
 目の前に早速瀬がありますが、しょっぱなから先が見えません。瀬の入口ギリギリまで近付いて、ようやく見えてきます。このあたりは事前に陸上から下見していたので、上陸なしで踏み込んでいきました。
 下見してじっくり流れを読み、思い描いたライン通りにトレースする作業も楽しいですが、目の前に次々と現れる様々な情報をとっさに判断してくぐり抜けていく行為も結構楽しいものです。

 スタートして4番目がカエル跳びの瀬。ここも難度自体は先の瀬と変わらないように感じますが、最後の1m弱のドロップが絵になりそうです。撮影のために上陸しました。



 私は中央から入って、右岸ギリに一気に寄せて飛ぶイメージを持っていましたが、下り方は三者三様で面白い。

 カエル跳びの後も基本的には先の見えない瀬ばかりでしたが、引き続き先陣を切らせていただきました。元やんさんという経験者がいるので、安心して飛び込むことができます。落差はありますが、シーブやアンダーカットなど、険悪な場所はありません。岩絡みでテクニカルですが、1艇分の幅しかないとか、ドロップ直後にラップ岩があるとかいったことはなく、割と落ち着いて対処できます。

 細越橋を越えて大きく左にカーブすると、両岸が崖になった渓谷相に変わりましたが、逆に勾配は緩くなったようで、比較的見通しがきくようになりました。まるで結界の中へ包み込まんとするかのように、広葉樹の枝葉が空を覆い、隔絶された世界を作り上げています。ここが、「黄金の1マイル」でしょうか…?



 癒やしの結界。どんな川が好きか、答えが分かったような気がします。
 癒やしとスリルは、一見相反するようでいて、どちらも兼ね備えた川もあります。檜枝岐川は、その貴重な1本かもしれません。

 長かったトンネルも終わりを迎えたようで、両岸に迫っていた崖が後退し、視界が開けてきました。周辺には巨岩や断崖もなく、核心部を示唆するようなしるしは見当たりません。まさか、ここだけはないやろと近付くと、そのまさか、稲妻ドロップが現れました。
 大きな岩盤が露出して川幅いっぱいに横たわっているのですが、その岩盤を穿つように流れが一極集中し、幅3mにも満たない細い流れとなって落ちています。

100919hinoemata49.jpg

 名前の由来はすぐに分かりました。左岸ベタを走っていた流れが右岸に向かってぶち当たり、裏返るようにして跳ね返った流れが一直線に再び左岸に衝突し、下流へと続いているのです。メインカレントが描くそのラインはまさに青い稲妻でした。

 ソラさんは瀬の手前で上陸すると同時に担がれました。牧さんと元やんさんは私と一緒に瀬を覗き込んでブツブツと航下ルートについて協議。
 うーん、ドキドキします。脳内に満たされていたアルファ波はいつの間にやらアドレナリンへと置換されていました。
 航下ルートは、稲妻が描くS字のラインに乗ることができれば問題なさそうですが、逆に、そのライン以外となると、ボイルが渦巻いていて、ここにハマるのはちょっと御免蒙りたい。とくに私のダッキーはデカいので、どこか知らないうちにラインをはみ出したり、岩盤にぶつけてバランスを崩したりしそうで怖い。
 ただまあ、心強い仲間もいるし、何よりあのS字ねじりの滝に比べれば大したものではありません。そう自分に言い聞かせ、切り込みました。さすがにラナは預かってもらいましたが。

 最重要視はS字ラインのトレース。まずはうまくラインに乗せるため加速をつける。あとは、重心をカレントに合わせて動かしつつ、バウラダーでボートコントロールすればまあ、何とかなるでしょう。
 出だしの加速は上々でしたが、このままではコントロールしきれない可能性があります。ギリギリのところで減速して突入。最初の右岸に衝突して跳ね返る波に乗れるかどうかがキーだと思っていましたが、イメージ通りに乗りました。そのまま左岸をかすめるようにして落下。意外とあっさりクリアしてしまいました。
 よっしゃー!



 牧さんは結局パスして、元やんさんが牧さんのクリークボートで下ることになったようです。最後のホールにかかってましたが、引き戻されることなく無事クリア。前回はポーテージしたので今回が初挑戦だったそうです。おめでとうございます。

 ここでしばし一服。元やん氏によると、この後もとくに印象に残る瀬はないそうです。実際、稲妻ドロップ以前よりも川幅はさらに広がって視界もオープンになっており、すっかり癒やし系となっていました。

 前回元やんさんが上陸したというポイントに到着。えらい急な場所です。なぜこんな不便そうな場所からというと、堰堤手前の上陸ポイントがここしかないからだそうです。
 ここであえて上がるほど、堰堤越えはヤバい…? この先は全員が未知の領域となります。下見の時点で堰堤のポーテージルートをちゃんとチェックしなかったのが悔やまれますが、まあ最悪の場合は漕ぎ上がってここから上陸したらいいかと先に進みました。

 目印となるスノーシェッドが現れました。ついに件の堰堤です。
 左岸側には取水口があります。どこに続いているかは分かりません。鱒滝に水道橋がありましたが、あれと関連はあるんでしょうか。右岸側は魚道ですが、ログが詰まっており、利用するのは難しそうです。しかし、右岸側の崖が登れるようになっていて、ここからポーテージすることができました。



 堰堤下は、またもや世界が180度転換し、いきなり岩だらけのクリーク相になります。下見時にはとくに感じませんでしたが、癒し系区間を下ってきた直後に出くわすと、あまりの変貌ぶりに唖然となります。

100919hinoemata59.jpg

 皆さん右岸側をそのまま歩いて下見されています。私は行きしなに橋の上から下見した時の記憶の糸を手繰り寄せ、上陸なしで下りました。確か、右側のルートが本流でしたが、えらいテクニカルなので左岸ベタベタの流れで逃げようと決意していたはず。最後のドロップでは一瞬スタックしかかりましたが無事に突破できました。



 今まで険悪と思える瀬が見られなかった檜枝岐川ですが、この瀬だけは例外です。でかい岩がそこら中に転がっているので、ブローチングリスクが非常に高そうです。こいつはレスキュー態勢を取っといたほうがええやろと、左岸の崖沿いを戻ってロープを構えました。



 幸いにしてロープを使う機会は訪れず、皆さん無事にクリア。

 下見した橋を越えると、再び平穏が訪れました。あの瀬は夢か幻だったのかと思えるくらい連続性が感じられません。

 時々現れる快適な瀬を越え、ついにやってきました。鈍色の水道橋という分かりすぎるほど分かりやすい目印。この橋の直下にはミドル区間のフィナーレを飾る鱒滝が待ち構えています。

 左岸に着けて下見。かつての河津七滝のように何回もトライしたろと思っていたんですが、そんなナメた考えは一瞬にして雲散霧消しました。
 すっごい落差です。車道から見た時とは迫力が雲泥の差です。確か、斜めに落ちているように見えてたんですが、近くで見るとほとんどタテに落ちてます。てか、そもそも担ぎ上げもできません。両岸ともに垂直の崖になっているので、いったん車道に上がって戻ってくるしかないでしょう。

100919hinoemata69.jpg

 滝の入口中央は岩盤が行く手を阻み、川筋は二分されています。手前の左岸側は流れが弱く、浅い。右岸側がメインですが、複雑な形状をしています。例えると、アルファベットのSの字を45度時計回りに傾けた感じ。つまり、左側が窪んでいて、右側が突き出ているという形状です。左側はほぼ垂直に落ち、そこに右側から折り重なるように滝がかかってポケットのようになっており、落ちると巻かれる可能性があります。右側はベロのように岩盤が斜め下を向いて突き出ており、このベロの上から落ちるのがベストルートですが、残念なことに浅い。
 どこから下れるんやろ? うーん、道筋が見えてこない…。

 ソラさんはここで上陸するらしく、ラナも一緒に連れて上がっていただきました。牧さんもやらないみたいですが、ロープレスキューに入ってくれるそうです。元やんさんは、やるなら付き合うよ、とのこと。

 もう一度左岸に立ち、じっくり考えました。右岸側ルートの場合、左側のポケットは論外、右側のベロの真ん中は浅くて通れない。ならばその中間しかなさそうです。すなわち、左側の窪みから右側のベロの頂点までのホライズンライン。このラインは、左に向かって落ちています。ということは、左に捻ってから飛ばなければなりません。
 ブーフができる人にとっては楽勝でしょう。滝壷はクッションが充分で障害物もないので普通の瀬と変わらないようにさえ思えるかもしれません。しかし、自信がない人間にとっては真下に落ちた場合のことも考えねばならず、かなりの難所となります。さらに捻りの要素が加わるともうダメです。
 やっぱり、左岸側ルートが無難かなー…。一度はそう思いました。しかし、左岸側は流速が弱くて浅く、重たいダッキーでは多分、真下にボチャンと落ちて終わりでしょう。そんなん、アルパインエントリーと変わりません。やっぱり、勢い良く飛んでみたい。後悔しそうだったので、もう一度検討し直すことにしました。
 えらい時間かかってます。ルートは見えてます。逡巡の原因はブーフですが、もうこれは腹を括るしかない。

 覚悟を、決めました。右側から、行きます!



 加速、ルートは問題なし。パドルのタイミングもばっちりでした。水平線から飛び出すようにフネを前方へ押し出しましたが、水平線を越えた瞬間、記憶の映像がプツンと途切れてしまいました。

 映像が再開したのは、フネが上向いて立っている場面でした。下に落ちたのに、なんで上向いてんの? まるで順逆自在の術にかかったような、一瞬何が何だか分からないパニック状態でしたが、重心は前にあったので、バックフリップは免れました。バシン!と水面を叩きつけて着水。アウトウォッシュに乗って、下流へと流れていきました。
 あー、よかった、無事で…。さっきのウィリーは、おそらく飛び出しが足りなくてスターンが滝に掴まったためかと思われます。そういう意味では100点とはいえませんが、達成感は充分。100本目の儀式をようやく済ませることができました。

 付き合うと言ってくれていた元やんさんは左岸ベタからボチャンとダイブ。二人きりになって先に進みました。まもなく現れる高畑橋前後で上陸しようとしましたが、道が見つかりません。右往左往しているうちに、先に着替えを済ませたソラさんが橋の上から手を振ってテイクアウト地点まで誘導してくれました。

 これだけ満ち足りたダウンリバーはいつ以来でしょう。本当に素晴らしい川でした。

P9190070.jpg

 今回下った檜枝岐川ミドル区間の特徴的な点として感じるのは、何の前触れもなく核心部(稲妻、堰堤下、鱒滝)が現れることです。序盤を除いては全体的にわりと穏やかに思えたんですが、そのくせ突然、ピンポイントでそれも大幅に乱れるのでその度に驚かされました。こういう川なんやと納得するしかないようです。ただこの特異点の存在が、この清流の価値をより一層高めているのは間違いないところかと思います。

 この川を100本目に選んで正解でした。忘れられない一日となりそうです。同行ならびにガイドくだすった元やんさん、ソラさん、牧さん、ありがとうございました。


 ◆川地図


より大きな地図で 檜枝岐川[伊南川](屏風岩〜鱒滝) を表示


ニックネーム ラナ父 at 05:57| Comment(8) | 東北>檜枝岐川(伊南川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、流石ですね。ラナパパが書くと資料性が一気に高まります。今後桧枝岐に挑戦する人の参考になります。川地図もありがとうございました。
Posted by Acton at 2010年10月20日 18:47
Actonさん、おはようございます。
完成するのに1ヶ月もかかってしまい、すっかり旬を過ぎてしまいましたが、早速コメントいただきありがとうございました。
実際に下ってみて、何度もおすすめいただいた気持ちが分かりました。アッパー、ロワーにも挑戦して、川地図もどんどん充実させていきたいと思います!
Posted by ラナ父 at 2010年10月21日 07:52
私のブログで「川の詳しいことはラナパパブログで」と書いてましたが、いつになったらアップするのだろうと思っていました。

100本目に値する川でなによりでした。同行できたことを誇りに思えるダウンリバーでした。

おめでとうございます。
Posted by 元やん at 2010年10月21日 23:53
おはようございます。
いやー、すっかり遅くなりましてすみませんでした。無駄に長くてえらい時間かかってしまいました。

さてこちらこそお付き合いいただいてありがとうございました。元やんさんたちがいてくれたおかげで、下り終えた時の充実感は一際強いものになったと思います。
独りで下るのも悪くないですが、こうやって感動を共有するのもいいもんですね。
Posted by ラナ父 at 2010年10月22日 07:46
ラナぱぱさんおめでとうございます。100本記念の川として桧枝岐川は最高だったのではないでしょうか?それにしても僕が下ったことがない鱒滝落ちや、堰堤したの瀬まで漕破されるとは......ちょっとくやしいけど、いつも度胸とそれを裏付ける技術に感心しております。これからも200本目指してがんばってください。ブログ更新いつも楽しみにしております。
Posted by へたっぴカヤッカー at 2010年10月22日 14:42
おはようございます。

ひらさんこそ、小歩危さくっと下れてて羨ましいです。私も今年久々に吉野川行きましたけど、怖くて下れませんでしたから。
今日明日は檜枝岐川でしょうか? 楽しまれてくださいね。
また川でお会いしましょう。
Posted by ラナ父 at 2010年10月23日 08:25
お久しぶりです☆

たった今100本目のブログを見せて頂きました♪今更ですが顔(汗)

おめでとうごさいますぴかぴか(新しい)

100本を達成されていたことは存じ上げていたのですが、それが桧枝岐川だったんですね!

私も知人からこの川の話を聞いたことがあり、それ以来下りたい川候補No.1の川だったので、なんだか嬉しくなってしまいました。笑

私もいつか絶対行こう!

実力が伴うかどうかが大問題ですが…。笑
Posted by にこ at 2010年12月04日 00:42
穴内川と吉野川ではお世話になりました。先日、ラフトに乗っていたK夫妻と神戸で再会したのですが、「命の危険を感じた」って言ってましたよ(笑)。そんなとこを飄々と下ってたにこちゃんなら実力的には問題ないと思います。
距離的な問題はありますが、S字ねじりの滝という超難関もあります。ぜひ一度訪れて、チャレンジしてみてください。
Posted by ラナ父 at 2010年12月05日 04:47