2010年09月24日

【番外編】目標の100本、達成しました(中編)

 100本という構想をいつから抱いていたかというとはっきり記憶していませんが、社会人1年目の2002年末にはすでに持っていたと思います。ホームページを開設した動機の一つが100の川地図を作り上げることだったからです。その翌年にカヌー犬と漕ぐスタイルを選択してからは、ラナと一緒に100本の川を下ることを目指すようになりました。

downriver01.jpg

 とはいえ最初の頃は、目標に掲げつつも、死ぬまでに達成できればいいや、とのんびり構えていました。
 考えを改めたきっかけは、ラナの寿命を意識するようになったことです。できれば100本目はラナと一緒に迎えたいと思っていましたが、ゴールデンレトリーバーの寿命はだいたい10年と短く、老化が始まるのは8歳くらいと言われています。
 こうして図らずも達成までの期限が設けられることになったため、とくに直近の3年間は「下りたい川リスト」というものを作成し、優先順位を設けることで計画的に数を積み重ね、3年間で35本というハイペースで漕破することができました。

 目標に到達できた要因にはもう一つあって、同じ100本という目標を持ち、先行し続けるKYOKOさんという方が存在したことも大きいです。
 近隣のメジャーな河川を下りつくすと、北海道や東北など遠隔地にでも遠征しない限り、新たに下れる川なんてないやんと思い込んでいました。この時は、あと数年以内に達成できるとは正直思っていなかったんですが、聞いたことのない川をどんどん掘り出して積み重ねていくこの方の小さな背中が、大きな原動力となりました。

 【補足:河川のカウントについて】

 ちなみに蛇足で説明ですが、1本とカウントするには一応の基準を設けています。川を下る時に着目するのは区間(セクション)という単位ですが、これは状況によって取り方に差異の出ることが多く、基準とするには難しい。そこで、水源から河口までの単位で1本とカウントすることにしています。ただし、同一水系であっても、同じ川でなければカウント可能としています。
 例えば、伊賀川と木津川、益田川と飛騨川は区間が異なるだけで同じ川なので別々にカウントできません。また、利根川と鬼怒川、鬼怒川と男鹿川、 男鹿川と湯西川は、各々本川⇔支川の関係に当たるのでカウント可としています。
 なお、難しいのは何m下ったらカウント可とするかという距離の問題ですが、これはその川を下ろうという目的意識の有無で判断しています。そういう意味で、万水川支流の蓼川(大王わさび農場の水車がある)や高瀬川支流の篭川、吉野川支流の南小川はカウントしていません。

ニックネーム ラナ父 at 20:52| Comment(4) | 【番外編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅れ馳せながら、100河川漕破達成、おめでとうございますぴかぴか(新しい)
なんか、私のこと書いて下さってて、恥ずかしいですあせあせ(飛び散る汗)

100本以上の川を漕いでいる方は、ほかにもたくさんおみえのことと思いますが、きっと、その全ての方が、自ら、漕げる川を開拓されていることでしょう。
既にパドリングゲレンデとして確立している川を漕ぐだけや、漕いだことのある人に連れていってもらうだけでは、100本もの川を漕ぐのは、なかなか難しいと思います。
ラナ父さんも、たくさんの川を、開拓して漕がれていますよね。
その業績に、心より敬意を表しますハートたち(複数ハート)

これまでに、ご一緒させていただいた川は、何本になるでしょうか?
今後とも、いろんな川へ、ご一緒させていただきたいと思いますので、よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
Posted by KYOKO at 2010年11月10日 00:01
こんばんは。ラナ父です。
珍しく多忙でして、せっかくコメントいただいたのにレスがすっかり遅くなりましてすみませんでした。

KYOKOさんのおっしゃるとおりですが、100本下って見えてきたことのひとつに、自ら開拓する楽しみがありますね。厳密にはきっと誰かが以前に下ってはいるんでしょうけど、そんなことは関係なく、地図を見て下れそうな支流を探したりとか、下見してコースを設定したりとかいう作業がすごい楽しみになってます。以前は漕ぐほうが優先してて、下見自体はあまり楽しいと感じませんでしたけど、不思議なものですね。

一緒に下った川は、結構な数になるんやないでしょうか。
長良川、ナラヨシ、櫛田川、蓮川、根尾東谷川、飛騨川、小坂川、中奥川、で、この前の大歩危と穴内川と…。まだありますかね。
個人的には、蓮川が一番印象に残ってます。

まだまだ諦めずに背中追いかけていきますんで、今後ともよろしくお願いしますね〜。









Posted by ラナ父 at 2010年11月14日 22:25
仕事を辞めてから、すっかりアホになって、上のコメントで、“功績”と書くべきところを、“業績”と書いてしまって、いやはやお恥ずかしい。。。たらーっ(汗)

私も、蓮川は、とっても印象的でしたが、あと、雪の中漕いだ有田川も、印象的です。
回送待ちの間、ラナちんといっぱいおしゃべりして、あの時に、とっても仲良しになった気がします犬(笑)

今年ももうあと1ヶ月ですね。
気持ちの良い漕ぎ納めをして、一年を締めくくりたいですね。
Posted by KYOKO at 2010年12月01日 00:09
こんばんは。
ああ、そういや、有田川もご一緒しましたねえ。7年近く前ですね。雪の中を漕いでた写真が残ってます。その年には伊賀川にも連れて行ってもらって、やぶっちゃの湯でえらい長話したのも思い出しました。
他にも、上林川と由良川もご一緒してましたね。この前列挙したのって全然足りてませんでした(>_<)

移住して初めての冬を迎えることになるかと思いますが、寒さに負けることなくどうぞご自愛ください。
Posted by ラナ父 at 2010年12月02日 21:19