2010年06月27日

20-2 同窓会パドリング(多摩川4)

水位:-2.44m(調布橋) 気温:xx℃(青梅) 天気:雨
区間:御嶽苑地(放水口)〜寒山寺(交代)〜二俣尾 メンバー:くぜ、ホタ父娘、G君、後輩1号、川太郎&川次郎(回送)


 日原を終えて、御嶽へ。ダブルヘッダです。

100627mitake02.jpg

 同期のうち、くぜは学生時代、カヌーカヤック同好会の初代会長でもあり、いかにブランクが長いといってもまあ心配ないでしょう。前半は嫁のFan2に乗ります。いっぽうのホタは、学生時代の専門は山でした。カヌーも何度か経験してはいますが、過去長良川で7〜8回沈脱したこともあります。フネはサファリ。カヤックより安定性に欠けるフネにあえて乗る理由は沈が見たいから、ではなく、リンクスIIがクルマに入りきらなかったためということにしておいてください。
 このメンツで下るのって、いつぶりかなあ。入社2年目(2003年)のGWに長良川に行ったきりちゃうかな。

 これこれ。みんな若いですわ。

030504nagara04.jpg

 この頃はラナも小さかった…。まだ生後半年くらいです。

030504nagara07.jpg

 さて沈を楽しみにしていたホタですが、なかなかしぶとい。三ツ岩までに流れのないところで粗沈を一回しただけです。
 一番期待していた三ツ岩も、沈した場所が浅く、流れの緩いところだったので、すぐ自力で上陸してしまいました。
 ホタ、視界が遮られるほどの魔闘気を放出しています。さすがというべきか、年齢を重ねても衰えることがありません。ちなみに花鳥はこの方が苦手らしく、借りてきた猫のようにおとなしくなります。

100627mitake08.jpg

 三ツ岩〜玉堂の瀬も、なんだかんだで無事に下ってしまいました。眼鏡流して「めがね、めがね」って、やってほしかったのに…。



 御嶽小橋を越えると、だんだん余裕が出てきたみたいです。

100627mitake10.jpg

 G君、熱心に瀬に飛び込んでいました。日原でだいぶ疲れてるハズなのに、元気やね。

100627mitake11.jpg

 くぜは最初から余裕でしたね。でも一番楽しそうにしてました。

100627mitake13.jpg

 楓橋(寒山寺)で上陸。いつものコーヒーブレイク。

100627mitake15.jpg

 ここで私+ラナと嫁さんが交代。そしてホタの娘が初参戦!

100627mitake16.jpg

 回送役に回った私は、先にテニスコートに行って川太郎と川原で遊んでました。

100627mitake20.jpg

 水に浸かって遊んでいるうちに、みなさんの姿が薄ぼんやりと見えてきました。魔闘気に包まれながらゴール。



 嫁さんは久々にロール練習。今日の講師はくぜ先生です。
 あっさり、連続でできてました。どうやらもう、体が感覚を覚えているみたいです。「くぜさんの教え方もすごく分かりやすかった」そうな。

100627mitake22.jpg

 父娘で泳いでましたが、娘、寒さで震えています。

100627mitake24.jpg

 最後は日向和田のウィズネイチャーへ。ホタ娘用のヘルメットがなかったので、メンバーのG君が借りてきてくれたのでした。
 おかげさんで助かりました。ありがとう〜。

100627mitake26.jpg

 年を取り、結婚して家族ができて、仕事でも責任のある立場になったけど、中身は全然変わってなくて、なんだか10年以上も前の学生時代に少しだけ戻れたような気がした週末でした。

 ちょっと病み気味で今回の言いだしっぺだったくぜも、「なにかがとれた」らしい。
 また一緒に行きましょう。

ニックネーム ラナ父 at 22:56| Comment(4) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホタおもろー!!
てか、Gもおるし?
あいつ釣り行ってたんじゃないの??
Posted by 花鳥 at 2010年06月29日 00:17
Gさんは、土曜日実家で釣りしてましたが、夜中に御嶽入りしたそうで、日曜日は早朝から一緒でした。
ホタたちとはまた漕ぐみたいなんで、次はぜひ参加してね。
Posted by ラナ父 at 2010年06月29日 07:37
みんな老けたなぁー
Posted by やす at 2010年07月28日 01:19
中身はびっくりするくらいに不変でしたよ。三人とも…。
Posted by ラナ父 at 2010年07月28日 05:35