2010年09月26日

34 道志渓谷前半戦(道志川1◆101本目)

水位:0.19m(道志川大山橋) 気温:22℃(大月) 天気:晴れ時々曇り
区間:池の原橋〜柳瀬橋(約x.xkm) メンバー:後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 キャンプ場を後にして、道志川へ。こいつを無事に下りきれば101本目です。あの名著『日本の川地図101』の数に並ぶので、何だか感慨深いものがあります。

 道志川は、山梨県の山伏峠(標高1,120m)を水源として東へ流れ、神奈川県相模原市の津久井湖に注ぐ相模川水系の一級河川です。良好な水質を誇る道志川の水は、かつて世界中の船乗りに「赤道を越えても腐らない水」と称賛されたといいます。

 道志川の水は、現在でも横浜市水道の水源の一部として利用されています。実は半年ほど横浜市の住民だったこともある私としては、この川に何かしら惹かれるものがあって、一度可能な限り下ってみたいとかねがね思っていたのですが、今年の1月になってようやく下見の機会を得ました。
 奥相模湖(道志ダム)から津久井湖(城山ダム)までの中道志川と呼ばれる下流域は取水の影響で水がなく、下るのはかなり厳しそうという印象でしたが、奥相模湖より上流は大きなダムがないので、まとまった雨が降れば下れそうと思っておりました。
 しかしながらこの川、首都圏から近い割には、カヌーで下ったという話をまったく聞いたことがありません。何か理由があるんでしょうか。
 この道志川と距離的にも規模的にも近しいなと感じる川に秋川(多摩川水系)があります。ここもデータが全然見当たらない川でしたが、いざフタを開けてみれば、なかなかステキなところでした。ここも当たりだったらいいなあ。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 04:57| Comment(0) | 甲信越>道志川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする