2010年07月25日

★24 奥秩父三峰渓谷後半部(荒川3)

水位:1.07m(落合) 流量:7.50t→6.35t(二瀬ダム放流量) 気温:32℃(秩父)
天気:晴れのち曇り一時雨 区間:大血川橋〜三峰口駅 所要時間:約3.0h メンバー:G君

 ★作成中

 この一週間、記録的な猛暑が続きました。おかげで水位はギューンと急下降を続けていましたが、今朝長瀞の水位を確認するとむしろ増えていてびっくり。調べてみると、昨晩22時頃、野上(長瀞町)で1時間に32ミリの雨が降っていたようです。水位は約3時間の間に1.60mから2.33mまで急増していました。恐るべし、ゲリラ豪雨。

 猛暑の恐怖といえば、集中豪雨の他に熱中症もありますが、ここ数日は、違う意味で熱に浮かされていました。
 原因は先週の三峰渓谷です。川下りそのものの楽しさと、未知の領域に漕ぎ出す時のスリルが同時に高いレベルで味わうことのできた稀有な一日でした。あの感覚を今一度という思いと、開拓領域をもっともっと延伸していきたいという思いに駆られ、今日も足を運んでしまいました。

 源流部では二瀬で1時間に12ミリの雨量を観測。中津川の流量が増えていましたが、二瀬ダムの放水量には変化なし。集中豪雨の影響は、長瀞エリアほどではないと思われます。二瀬ダムの放水量は7.5トンと先週と比べてほぼ半減していましたが、大血川上流の大洞第一発電所で放水していれば問題なく下れるだろうと読んでいました。浦山口、三峰口付近の水量を確認したところ、おそらく予想通りではないかと判断。

 9時に三峰口近辺でG君と合流。今日は妻子を置いての遠征ですので、17時までという門限付きです。13時半までに上陸すれば何とかなるかなと見積もりました。前回のゴール地点から出発したとして、三峰口駅までの距離は約3kmでちょっと物足りない。もう少し距離を伸ばしたいと徐々に下流に下がっていきましたが、入川道がちっとも見つかりません。結局、浦山口近辺の荒川総合運動公園まで下がってようやく見つかりました。
 スタート地点までの距離は、もはや10kmを越えています。おそらく存在するであろう核心部を越えるのにどれだけ時間がかかるか次第ですが、まあ、三峰口まで着けば電車で回送できるし、まあええかとそのまま回送しました。

 まずは大血川橋へ。先週と比べればガクーンと減ってはいますが、水量は期待していたとおり充分あります。

100725mitsumine10.jpg

 前回のゴール地点から続きを始めるのが理想ですが、ネックは大洞第二堰堤の存在です。調べてみると、やはり全域が水を被っていて、越えるのは至難の業となりそうです。ということで、大血川橋まで下がってプットインしました。上流側に堰堤をはっきり望める位置関係にあり、まあ繋がっているとみなしてもいいでしょう。

100725mitsumine15.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 02:15| Comment(0) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

★【下見編】赤平川+小森川

 ★作成中

 花鳥、G君、ぽんさん、そして奥さんとラナで長瀞を下り、私は回送。ちなみに奥さんは、今日が長瀞初カヤックです。

100719akabirakawa01.jpg

 この時間帯を使って、川の下見に行ってきました。行ったことのない川って、見るだけでも楽しい。だんだんパターン化しつつあります。

 まずは小森川へ。

100719akabirakawa05.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 03:16| Comment(0) | 【下見編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

23 奥秩父三峰渓谷前半部再訪(荒川2)

水位:1.27m(落合) 流量:15.60t→14.17t(二瀬ダム放流量) 気温:31℃(秩父) 天気:快晴
区間:道の駅大滝〜上石橋 所要時間:約2.0h メンバー:G君、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 秩父さくら湖に9時に集合なので、6時半過ぎに自宅を出発しましたが、すでに時遅しで大渋滞しており(相模湖ICから35km!)、下道ルートにシフトせざるを得ませんでした。R299経由で目指しましたが、時間通りに着くのは厳しそうやなあ、と思っているところにG君からメールが着信。G君も渋滞かなあ。

 「すみません
 飼ってるうなぎが風呂の下に侵入してしまって、でてこないので、遅れます。
 すみません。」


 思わず吹きました。うなぎが逃げたって…、どんな理由やねん。てか、うなぎ釣ってフツーに飼ってる時点でおかしいやろ! と突っ込むトコですね。

 結局、定刻から30分遅れで到着。G君はすでに到着していました。
 本日の最終目的地は、この秩父さくら湖(浦山ダム)の上流部、浦山川でした。ここは去年の夏に下見に行ったところで、下る(落ちる)機会を窺っていました。ただ、金曜日時点ではダムへの流入量が約5トンあったのが、今朝時点で2.93トンまで減ってしまい、今回はたぶんダメだろうと半ば諦めてもいました。
 ま、ダメ元で一応見に行ってみますかと乗り合いで上流へ向かう。まずはメインの滝(砂防堰堤)を見学。あれ? ひょっとしたらいけるかも…。

100718urayama02.jpg

 コース下見した結果、バイパスの取水堰から下流はダメですが、取水堰から細久保谷までの区間は、ギリギリで下れそうに思えます。

100718urayama01.jpg

 しかし、G君との協議の結果、「保留」としました。今まで下った川の中でも極めて特異なタイプで、印象に残る1本となることは間違いないでしょう。しかし私にとってはラナをポーテージさせるのに非常に難儀しそうということ、G君にとってはブーフに自信がなく、飛ぶ勇気が持てないというのがマイナス要因となり、決め手に欠けました。

 そこで次善の策として考えていた、荒川は三峰渓谷に移動しました。パドラーにとって荒川といえば長瀞が最も有名かと思いますが、これから行く場所は長瀞より上流の秩父市街地よりさらに上流に位置しています。ここは、水路式の水力発電所が乱立し、普段はほとんど川に水が流れていない区間ですが、現在、上流の二瀬ダムで15トンほど放流しています(滝沢ダムは約0.5トン)。上述のとおり水力発電所が数多く存在するため、渓谷を流れる水量がダム放流量とイコールとは言えませんが、下れる可能性は高いと読んでいました。

 ちなみに、ここに来るのは初めてではありません。前回は去年の夏、水のない時(放流量約3トン)に下りました。いや、下ったというよりは歩いたというか…。

 目的地に近付いてきたところで、いったん大血川橋に立ち寄って橋から上流を眺めてみました。いやあ、すごいっす。予想していたよりも多いです。なんだか、20トン〜30トンはありそうな…?

100718mitsumine01.jpg

 ほぼ正午に道の駅大滝からスタートしました。

 水量は大血橋で見た時より少なく、ダム放流量(約15トン)とニアイコールという印象を持ちました。濁りもこっちのほうがひどいように感じます。流速は、思っていたよりゆったりとしていて、瀬のレベルも時々小さな波が立つ程度。ウォーミングアップにちょうどいい。
 そんな調子で余裕をぶっこいていたら、登竜橋の近くで流れ込みが入り、水量が増加。

100718mitsumine10.jpg

 大血橋と道の駅大滝とで水量に差があると感じたのは見込み違いかと思っていたけど、どうもそうではなさそうです。まさか、この先こういう流れ込みをどんどん加えて増水していくんちゃうか…? 急に不安になってきました。こんなことなら、事前にちゃんと下見しとくべきでした。

 登竜橋です。前回出発点のキャンプ場を過ぎ、川が左に大きなヘアピンカーブを描いた後に現れます。ここの瀬は、そこそこ落差がありそうです。さっきまでの余裕はとうに消え失せ、慎重に接近してスカウティング。

100718mitsumine12.jpg

 いざフタを開けてみれば、快適な瀬でした。

100718mitsumine13.jpg

 今度は右に大きくヘアピンカーブ。曲がりきった頃、左岸に大きな法面が姿を現しました。
 ここからしばらく川筋は一直線ですが、見立てが正しければ、この一帯が核心ゾーンとなるはずです。ただ、どんなふうに変わっているかまでは予測がつかないので、ひとつひとつ下見しながら慎重に歩を進めていくしかありません。

 まずは一番瀬。左岸から上陸して下見しました。

100718mitsumine16.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 02:51| Comment(0) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

22 花鳥、32歳の誕生日(鬼怒川3)

水位:3.23m(佐貫(上)) 0.94mm(小佐越) 0.86m(原) 気温:xx℃(塩谷)
天気:曇り時々晴れ 区間:道谷原取水堰〜観音橋(x.xkm) 所要時間:約x時間
メンバー:花鳥、G君、ぽんさん(回送)、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 今日は花鳥の誕生日です。32回目です。
 明け方まで雨が続き、やや肌寒いほどだったのが嘘のように雲は薄くなり、気温も上がってきました。さすが強運の星の下に生まれた花鳥というべきか。まあ、昨日クルマをパンクさせてたけど(笑)。楽しい一日となりそうです。

 朝8時半にぽんちゃんが到着。さて今日はどこを下ろうかなという話になりましたが、女性陣二人にこの川はまだ危ないでしょう。大渡橋より下流なら何とかなると思いますが、沈脱すると岸に辿りつくまでが大変なので、ダッキーのほうが望ましい。ただ嫁さん曰く、その快適さに甘えてしまってカヤックに乗らなくなってしまうかもしれないのが怖いらしく、ダッキーにはあまり乗りたくないそうな。最終的に、G君を加えて昨日と同じ籠岩コースとなりました。女性陣と子供たちは回送です。

 道谷原取水堰が全開なのは昨日と同じですが、 堰堤が水を被っていませんでした。

100704kinugawa26.jpg

 放水量も、心なしか、減っている気がします。これなら渡れるかもしれない。

100704kinugawa31.jpg

 思い切って近付いてみましたが、やっぱり1mくらい盛り上がっていて、とても渡れそうにありません。減っていると感じたのは、気のせいだったのか。
 戻ろうとしましたが、エディーの流れが強く、どんどん上流に向かって流され、本流に吸い寄せられていきます。
 出られません。このまま流されると「エクスプロージョンウェーブ」に放り込まれてしまいます。マズい。何とか水際で食い止め、エディーラインに沿って流れましたが、再び上流に運ばれてリプレイ。これは超マズい…。最下流から引き戻される際に、タイミングを見計らってフェリーグライドで脱出を試みる。もちろん鬼漕ぎです。これで失敗したら間違いなく力尽きて心が折れるでしょう。二回目はない、というつもりで漕ぎ、本当にギリギリのところで出られました。めちゃめちゃ危なかった…。

 君子危うきに近寄らず、です。

 おとなしく、昨日と同じ側流からスタートしました。昨日よりだいぶ川幅が狭まり、浅くなっています。やはり水量自体はがくんと減っているようです。合流した本流も、昨日のような圧倒的な迫力は感じられませんでした。この周辺の水位でいえば、おそらく30cm以上はダウンしているかと思われます。

 籠岩手前の水道橋まで来ました。ここは今日現在の水量では5又に分かれており、左岸から3本は籠岩の瀬へ、右岸から2本は籠岩の瀬より下流で滝となって合流しています。花鳥の要望通り、右岸の側流へ入りました。

100704kinugawa35.jpg

 こっちルートは私は初めてですが、花鳥は経験済みらしい。まもなく堰堤が現れました。

100704kinugawa36.jpg

 昨日と違ってギリギリまで近づけますが、上陸して下見するところはありません。右から2/3は滑り台状に落ちていますが、最後にもう一段段差があって、巻いているように見えるので避けた方がいいでしょう。左1/3は岩盤の上を水が流れていて、半天然な作りですが、流れが複雑でこれはこれで危ない。



 私は途中で乗り上げて座礁した程度で済みましたが、花鳥はひっくり返って流され、手の甲を擦りむいていました。うわ、痛そう…。せっかくの誕生日なのにかわいそうに…、と思っていたんですが、こんなの全然大したことなかったわというくらい後でひどい目に遭うとは誰も思ってもみませんでした。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:27| Comment(4) | 関東>鬼怒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【下見編】鬼怒川公園

 金曜日に記憶が飛ぶほどに飲んだくれてしまったこともあり、かなり疲労が溜まっていました。今朝はゆっくりと眠りたかったんですが、5時に目が覚めてしまいました。ラナを散歩に連れて行った後、椅子に腰掛けてウトウトしていると、5時半になって「ぱぱは〜?」と川太郎が起き出してしまいました。
 その後テントから出てきた奥さんと川次郎と朝食をとっているうちに上空の雲はものすごい勢いで流れ、いつの間にか雨は止み、晴れ間が覗いていました。いい一日になりそうです。

 7時半を迎えても、あの二人はまだ起き出してくる気配がありません。時間がもったいないので、ちょいと散歩がてら、上流部の下見に向かうことにしました。

 様子を見てみたかったのは龍王峡でしたが、鬼怒川ライン下り区間にも興味津々だったので、まずは温泉街へ。巨大なホテルが所狭しと立ち並び、川に下りられそうな道がなかなか見つからない中、ようやく駐車場付きの吊橋が見つかりました。「鬼怒楯岩大吊橋」と書いてあります。看板によれば、去年の今頃完成したばかりのようでこぎれいな感じ。

 ここらはライン下りのコースになっているようで、コース整備されている気配があります。半分沈んでますけど…。

100704kinugawa05.jpg

 あれが楯岩?

100704kinugawa07.jpg

 このあたりは天下の名勝と呼ぶに相応しい渓谷が続いていますが、全体的に緩やかに流れており、メリハリのある瀬はなさそうです。見に行くべきはラインコースより上流部でしょう。くろがね橋を渡り、右岸へ。橋の左岸側のたもとには、鬼怒子の湯という足湯がありました。オープンは9時からなので閉まってます。
 温泉街中心地を抜け、幹線沿いに遡上すると、「滝見橋」の標識があったので駐車。リニューアルされたばかりのようで、ここも小ぎれいな公園でした。
 吊橋の上流側には凄まじい瀬があります。

100704kinugawa11.jpg

 おおう、下流側もなかなか…。

100704kinugawa09.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:12| Comment(0) | 【下見編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

21 道谷原取水堰、ゲート全開!(鬼怒川2)

水位:3.16m→3.19m(佐貫(上)) 1.20m(小佐越) 1.15m(原) 気温:xx℃(塩谷)
天気:曇り一時雨 区間:道谷原取水堰〜観音橋(x.xkm) 所要時間:約x時間
メンバー:花鳥、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 梅雨に入ってしばらく経ちましたが、都心や自宅周辺(川崎市)では大した降雨がありません。今年は関東は空梅雨かなあ、なんて思っていたんですが、那須、日光、尾瀬、谷川岳や秩父などではかなりの量が降っていたようで、今週末は関東地方のメジャー河川はほぼ軒並み増水。久しぶりによりどりみどりの状態になりました。

 個人的には群馬が狙い目だったんですが、今週末は花鳥の32回目のバースデーという特別な日だったりします。したがって主役たる花鳥の希望に沿うつもりでおりました。はじめはJFKAの関東大会に備えるべく御嶽で、という話もしておったんですが、最終的には鬼怒川で、というご託宣を賜りまして、一路高徳を目指す。

 集合時間の11時、既に到着しているはずの花鳥から電話がかかってきました。

 「ごめーん、もう今市に入ってるから、あと10分くらいやわ」
 「いやいや、川、すごいことになってますよ!」
 「えっ、なんで? だって佐貫(上)の水位は前回と一緒くらいやったやろ?」
 「そうなんですけど、すごいんですよ! とにかく早く来て下さいよ!」

 中岩の道谷原堰堤(※注)下に到着。

「めちゃめちゃ水出てますよッ。佐貫(上)の水位って、アテにならんのですねー…」

 堰堤から溢れ落ちる水量は前回より多少多い程度ですが、地鳴りのような異様な轟音がします。さらに川に近付き、堰堤全体が見渡せる場所に出ると…。
 あいやー、ゲートが全開です! すっげえ勢いで出てます!



 辺りに響き渡る重低音の正体はこいつでした。想像を絶する水勢に、不規則な破裂を繰り返す「エクスプロージョンウェーブ」が連続しています。水量は60トン、70トン、いやもっとあるかも。
 経験則ですが、増水した時ヤバくなる川(瀬)には、勾配がきつい、川幅が狭い、巨大な岩が多いといった特徴があります。この三要素で考えると、籠岩の瀬が若干当てはまるかもしれません。

 「なぁ、ちょっとヤバない?どないする?」
 「大丈夫でしょ。長瀞と一緒で潰れてますよ!」

 慎重な性格の花鳥にしては珍しい発言です。普段とは発言の主体が逆な気がしますね。ムダとは思いつつ、奥さんに勧めてみましたら、殺す気か! と言われてしまいました。ここに来る当初、ダウンリバーは奥さんに譲り、私は回送&子守役に徹するつもりでした。まあ、龍王峡とか上流部の下見に行ってそれなりに楽しもうという算段はありましたが…。

 というわけで、私と花鳥の二人で漕ぎ出しました。まずはこの放水流を横断できるかどうか。いきなり、超難関です。
 結論を先に言うと、早々に諦めました。だって、横切りたい場所の水面が1mくらい盛り上がってて、漕ぎ上がるのはまずムリだからです。どうしても横切るなら、あの爆裂ウェーブの中に身を投じなければなりませんが、どうしても漕ぎ渡る自信が持てません。
 早々にゲームオーバーかと思いましたが、右岸側にできていた側流がどうやら使えそうです。確か普段は水のないただの川原だったはず。どんだけ増水してんねん、という話です。

 比較的穏やかな流れがしばらく続いた後、水面の切れ目が見えました。堰堤です。ふだんここはそのまま突っ込んでいますが、今日の水量だとキーパーホールが形成されているかも知れません。慎重に近付いて、左岸に上陸しましたが、ポーテージできそうな道が見当たりません。どうやら飛び込むしか道はなさそうですが、堰堤までは緩やかとはいえ流れがあり、迂闊に近付くのは危険です。
 仕方なく、堰の手前ギリギリにある岩に掴まって飛び移り、下れそうなところはないか下見しました。カヤックでこんな芸当はできませんので、花鳥はラナと陸上で待機です。



 下見の結果、左岸寄りは恐れていたキーパーホールの存在を確認。そこから右岸に向かうにつれて滑らかな流れに変化し、中心付近では巨大ウェーブが立っています。その奥はまた滑らかになっていそうですが、よく見えません。キーパーホールの領域を目測で測り、ホールとウェーブの隙間を狙って通過しました。下見ができなかったら危なかったかもしれません。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:07| Comment(0) | 関東>鬼怒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする